2017年10月26日木曜日

essay No.23 / ドイツの静かな窓から

 ドイツの一般的な挨拶の仕方は握手です。
立場が上の人から下の人へ手を差し伸べるのが常識となっています。しかし、仕事絡みのないパーティーなどでは、社会的立場や年齢を問わず、その場にいる者同士が自ら積極的に握手を求め合います。
 手を握る強弱は十人十色です。ソフトに『ふわっ』と握る人や、1メートルくらい向こうから助走をつけて『グワシッ!』と握る人、こちらが『イタタタッ!』と悲鳴を上げそうになるほど強く握ってきたり、3分くらいシェイクし続けて止めない人もいます。
 他の挨拶の仕方では、家族や親しい友人同士でのハグがあります。ハグ=抱擁。『抱擁』と言うと淫靡な感じがしますが、ハグにいやらしさはありません。ハグは家族愛や友情を確認し合える素晴らしい方法です。
 『人間にとって弱点である背中』に手を回すハグは、お互いに信用し合っていないと出来ないものです。
 相手のことを『心から大切に思っている。信頼している。共に喜びを分かち合い、 辛い時にはあなたの助けになりたい。』という人間愛に溢れる気持ちを身体で伝い合える 挨拶がハグです。
 また、私たち日本人にとっては『えっ!?』とビックリするような挨拶習慣もあります。同性だろうが異性だろうが、親しい友人との挨拶として、『右にチュ、左にチュ』と両方の頬にキスをします。
 『挨拶とは言え、嫌いな人ともチュするの!?』と思いませんか?
 スキンシップ効果とは不思議なもので、喧嘩をしたり気まずくなった相手と『チュッ、チュッ』と挨拶を交わすことによって、相手に対する気持ちが和らぎ、友人としての距離感が再び縮まる効力があるようです。
  何百年も戦争が繰り返されてきたヨーロッパ大陸に住む人々が、『争いごとをせずに仲良くし続ける方法』の一つとして習慣化していったのが、これらの挨拶なのかもしれません。


2017年7月27日木曜日

call for scores for the project "Times 2018 Tokio"

Junko Yamamoto is happy to announce a „call for scores“ for the project „Times 2018 Tokio“

what is the project „Times 2018 Tokio“ ?
• „Times 2018 Tokio“ is a concert which is produced by Masamichi Kinoshita.
• The concert will take place on 18th February (Sunday) at 6.30 p.m. in the Doujin-Christ-Church in Tokyo.
• The pianist Junko Yamamoto will perform contemporary piano music from Germany, the complete piano etudes by Toshio Hosokawa and 1 - 3 pieces from “call for scores” for piano solo


Please be sure to review the terms and conditions below before submitting your score and other materials.
• This call for scores is open to composers of any nationality and age who are currently living in Germany or have lived in Germany in the past.
• The duration of the work should not exceed 15 minutes.
• Deadline for submission: October 1, 2017
• Entry Fee: No Entry Fee
• Reward: No prize money.
• Instrumentation: piano solo
Possible playing techniques for the piano:
- Using the Sostenuto-pedal (3rd pedal) is possible.
- Playing inside the piano without marking is possible.
- Preparation inside the piano is not possible because there is no time for preparation between the pieces in the concert.
• The results of the call for scores will be announced  on December 1, 2017 on the Website www.junkoyamamoto.de

How to submit:
Please visit the website
to fill in the application and upload the following material:
• score (pdf-file)
• recording of the work (mp3-file). (recording is not obligatory but it would be good if you have)
• video-link of the work (i.e. Vimeo, YouTube, etc.) (video is not obligatory but it would be good if you have)
• short biography (less than 100 words

To log in to the application form you need a gmail-account or an account associated with Google Drive.

2017年6月7日水曜日

2017年4月20日木曜日

my Essay No.12 / エッセイ 第12回目 寄稿文 

4月からシュツットガルト市庁舎の鐘がベートーベンの第九交響曲の[歓喜の歌]を奏でるようになりました。

 3月末イギリスの EU離脱正式通告直後、市民団体[Pulse of Europe ]が 『[ EUの歌]である[歓喜の歌]を市庁舎の鐘で奏でる』請願を市に提出し、それが受理されたのです。

 [EU崩壊による平和な生活を失う可能性]という不安に駆られた市民が[もう一度EUの根底にある欧州統合の意義を見直そう]と始めた[Pulse of Europe ]。

毎日曜日EU諸国内80以上の各都市にて集いを開催しており、シュツットガルト市庁舎広場にても、大勢の老若男女がEUの平和を祈願するスピーチを行なったり聞いたりしています。
 
 EUのルーツを辿ると、もともとの出発点は[何百年もの間ヨーロッパで繰り返されてきた戦争の悲劇はもうコリゴリ。平和を維持しよう。そのためには、国と国がお互いに寛容と尊厳を持って仲良く共に繁栄していこう]という考えでの1952年の欧州石炭鉄鋼共同体の設立でした。

その後、共同体の名前や条約や加盟国が時代と共に変化し、現在のEUに至っています。
 EUの恩恵を受けているのは加盟国民だけではありません。日本人である私も、EUのあるプロジェクトのお陰にて、ドイツからの派遣留学生としてアムステルダム音大で勉強し人生を豊かにしてもらいました。
 あるイギリス人も語っていました、「移動の自由の恩恵を受けて私も国も豊かになった。」と。
 シュツットガルト人口中、約8%EU加盟国民で、44%世界諸国からの移住民です。

シュツットガルトは工業と芸術の都市ですが、どちらの分野にも、 優れた専門家が多種多様な国から集まっています。

先日の[Pulse of Europe ]でこう言った人がいました。「多様性は、シュツットガルトの財産、発展、力の源である。」


2017年4月17日月曜日

Pulse of Europe / my essay No.11 for japanese Newspaper



 On last Sunday I joined the meeting "Pulse of Europe".

 (↓ from the Website of Pulse of Europe)
There has been an alarming increase of radicalization in political life. After the vote for Brexit and the election of Trump, however, we must not remain in shock. There are going to be held presidential elections in the Netherlands on 15 March 2017, in France on 23 April 2017, and in the autumn of 2017 the Bundestag election will take place.
Our aim and contribution
We are convinced that the majority of people believe in the fundamental idea of the European Union and its reformability and development and does not want to sacrifice it to nationalist tendencies.  Nothing less than the protection of an alliance, which secures peace and guarantees individual freedom, justice and legal security are at stake.
Unfortunately, mostly negative and destructive voices are heard in public!
Therefore: Let us become louder and more visible!  We all must now send out positive energy against current tendencies. The European pulse must be felt everywhere!
Everyone is responsible for the failure or the success of our future, no one can make excuses. To hope, everything will go well, is not enough and even dangerous.
Now, before the elections, is the right time to do one´s best – with as many people as possible, and in as many places as possible.
We have a big goal: to gather as many people as possible in Europe, who stand for Europe, and are able to support pro- European forces after the elections. Thus we can form a human chain all across Europe connecting Germany, France and the Netherlands.



 Here is my contribution for a japanese newspaper ↓









2017年3月3日金曜日

chaufernster / Andile Khumalo


Here you can listen the music "chaufernster" composed by Andile Khumalo.

The recording is from my concert in Johannesburg / South Africa, when we ensemble cross.art had concert-tourney 2013 ^-^/


chaufernster / Andile Khumalo

https://soundcloud.com/user-686573597/chaufernster-andile-khumalo


2017年2月9日木曜日

trailer film

Here is a trailer film ^-^


https://vimeo.com/85387160


cross.art – past and future dialogue 1
Sonntag, 9. Februar 2014, 16 Uhr
Kunstmuseum Stuttgart

Manuel De Falla : “Suite Populaire Espagnole” für Violoncello und Klavier (1925)
John Cage: "Imaginary Landscape 1” for records of constant and variable frequency, large chinese cymbal and string piano (1939)
Karel Goeyvaerts: "Stuk voor piano en tape" für Klavier und Tonband (1964)
Caspar Johannes Walter: "comodo e lamentoso" für 2 Violoncelli (1987)
Kajia Saariaho: "Petals" für Violoncello und Live-Elektronik (1988)
Iannis Xenakis „Paille in the Wind“ für Violoncello und Klavier (1992)



ensemble cross.art
Rohan De Saram, Violoncello
Céline Papion, Violoncello
Junko Yamamoto, Klavier
Oliver Frick, Live-Elektronik

Projektkoordination: Juliane Beck

Kooperationspartner: Kunstmuseum Stuttgart
Mit freundlicher Unterstützung der Stadt Stuttgart (Kulturamt Stuttgart)
http://www.ensemblecrossart.com